GeekBox

IT系エンジニアの雑記

【Serverspec】テスト内容が正しそうなのにfailureになる場合

例としてリソースタイプserviceのbe_enabledで以下のようなテストを実行しようとした場合。

[crayon-5dcbf907e6777167221846/]

書き方は合ってるっぽいが結果はfailureになってしまった。
適当に検索してみるとどうやら「spec_helper.rb」の一部コメントアウトを外すといけるらしい。

結論として、実行時のパスの中に /sbin がないために実行できていないっぽい。
だから「spec_helper」内「/sbin:/usr/local/sbin:$PATH」を有効化すれば実行できるようになっている。

以下調査

出力結果から実際に実行してるコマンドが分かるので見てみる。
[crayon-5dcbf907e6786487197378/]

これを実際の対象サーバ上で実行してみると、普通にいけてそう。
[crayon-5dcbf907e678b424878160/]

以下箇所のコメントアウトを外す。
[crayon-5dcbf907e6790073059525/]

再度実行すると確かに成功した。
[crayon-5dcbf907e6795634490702/]

以下のようなテストを実行してパスに関してもう少し調べてみる。
[crayon-5dcbf907e6799476767401/]

以下のパスで実行されている事が分かった
[crayon-5dcbf907e679e332375775/]

実コマンドをwhichしてパスを見てみる。
[crayon-5dcbf907e67a3313493535/]

serverspec側のデフォルト実行パスには「/sbin」は入ってないので実行できていなかったという事。。。

-Serverspec
-